欧米、同性愛者の結婚を認める傾向が加速化

欧米、同性愛者の結婚を認める傾向が顕著。

U.S. pediatricians back gay marriage, adoption rights http://reut.rs/WGNNj3

最近アメリカの小児科医達は一人親で不安定な家庭生活を子供に強いるより、同性愛者でもカップルが

経済的に恵まれ、安定した家庭生活を営むことができる家庭の方が子供にとってより精神的に穏やかな

生活が送ることができ、成長する上でプラスの面が大きいと声明を発表。

3月19日東京新聞ではアメリカのネット上で父親が同性愛の息子に同性婚容認の手紙を出すなど

話題となったことが報じられる。これまで同性婚に一貫して反対票を投じてきた共和党のばりばり保守派ま

であったが、政府が同性愛者の婚姻の機会を否定すべきでないと発言し、全米に衝撃を与えた。それは自分

の息子が同性愛者であるという告白を受けて二年間の葛藤と苦悩の末の結論だという。

電通総研の調査によると日本人では5・2%がLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェ

ンダー=性同一障害も含む=の総称)という結果が出たという。これは20人に一人の割合だ。

同様な経験を持つ豊島区議の石川氏歯、「この問題の解決の鍵はLGBTは身近にいて、決して他人事ではな

いと認知すること」だという。そしてカミングアウトが感動的で話題になるのは社会で根強い差別がる

裏返しともいえる」社会的に少しずつ理解が広がれば、次は「その人たちが積極的に肯定のメッセージを

社会に発信して欲しい」と胸の内を明らかにしている。

 

 

 

 

 

3月 22, 2013

Posted by:

Category: その他

Tags:

Comments

No Comments

Leave a reply