研究・出版

カザングローカル研究所近藤禎夫・杉山秀子著作

冷戦構造が終結した1990年代の初頭にはグローバリゼーションの波が押し寄せてきた。国際資本の膨張とともに労働者の国際的移動も激しくなった。

1996年以降ロシアと中国の間では戦略的パートナーシップがうたわれて久しい。

これはアメリカの一極支配に対する中露の多極支配を象徴しているように思われてきた。

このような国際情勢の中で、中露間の労働力移動はどのようにされているのか、とりわけ両国間をまたぐ移動労働が互恵関係的に展開されているのか、あるいは何か不均衡なきしみがあるのかをさぐってみる。

近年の中国の目覚ましい発展により、国境地帯の両国間移動労働者のありようもかなり変化しており、移動労働者の中に際立った階層化の兆候もみられるようになった。

両国が資本主義的市場原理を追求している当然といえば当然すぎる帰結だ。そこで実際の国境を挟んだ中露の,黒河ーヴラゴヴェシチエンスク、ポグラニチヌイなどで働く労働者の動向や、今年APEC開催予定のウラジオストック近郊で働く外国人労働者、サハリンにおけるアジア系労働者などの動向をさぐり、背後に隠れているいくつかの問題点を浮き彫りにしていく。

新天地で大金を稼いだサクセスストーリも興味をひくが、格差と貧困にあえぎ、差別を受けている移動労働者の実態を単に統計上の数字としてのみとらえるのではなく、顔のある移動労働者としてとらえていきたい。


 

もう一つの革命・著者杉山秀子

コロンタイと日本・著者杉山秀子



↑ページ上へ戻る