度重なる原子力事故

12月 26, 2015

Posted by:

Category: その他

Tags:

度重なる原子力事故

無題parumila

村田光平元スイス大使

からのBREAKING NEWSと警告です。

 

レニングラード原発2号機の件に関し政府の情報隠蔽をおそれるロシアの人々が、ヨウ素剤の服用し、避難をはじめている模様だと2015年12月21日付イギリスの Express紙が報じました。
http://www.express.co.uk/news/world/628592/Chaos-Russians-flee-Chernobyl-style-plant-radioactive-leak
Daily Mail紙も同様に報じております。
mokuou.blogspot.com/2015/12/221222-20151221-express.html

 

ベルギーの原発事故については去る19日の事故の他にベルギー東部のティアンジュ(Tihange)原子力発電所で11月30日に火災が発生し、原子炉1基が運転を停止しております。
www.lowlowlow.link/entry/2015/11/02/193620

去る5月にはニューヨークから60〜80kmのインディアンポイント原発で爆発火災が発生しております。
kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4239.html

原発事故は日本では殆ど報じられませんが、上記の通り益々明白となりつつある原発の危険性を一顧だにせず再稼働が推し進められることは異常としか言いようがありません。

深まる福島危機への対処の仕方に実のところ途方に暮れながら、国家の危機をいつまでも電力会社の経営危機として対応する現状に国際社会は深刻な懸念を抱きだしていることが感じられます。

村田光平

 

以上が昨晩遅く緊急メールをいただいた内容です。

今朝一番のNHKのニュースでは、昨晩”もんじゅ”が5回も緊急

警報を鳴らしたとのこと、何も役立たずの原子炉を何ねんも何

のために動かしているのか、維持だけでも年間数十億も経費が

かかるという。

日本は世界に害のみを与えるアメリカさんのお世話、財政的援助

だけでも70年もやっているのだ、この上何の役にも立たない

不使用の原子炉を何のために動かしているのか、原子力委員会

も政府も根本的に間違っている!!情けない国だ。とことんま

で奈落に落ちる。そのころには我々はもう存在せずだ。

目先の利益だけ追及。想像力が皆無だ。地球規模の害を日本と

アメリカはもたらしている!!

 

 

Read More » 度重なる原子力事故 はコメントを受け付けていません。

アメリカの貪欲な覇権主義はシリヤまで呑み尽そうとしている

12月 9, 2015

Posted by:

Category: その他

Tags:

アメリカの貪欲な覇権主義はシリヤまで呑み尽そうとしている

CVxzadiXAAAtVS4

 

 

 

 

 英・仏・独がシリヤ空爆を始めたが、それは対 ISではなくて

 

対露のISに対する空爆を制御するためのものであるらしい

 

やはり思っていた通り、ロシア封じ込め作戦に実質的には

 

でているようだ。 独も金で頬をはたかれたようだ。

 

ロシアをシリヤからおい出し、シリヤの

 

石油、ガスの利権を得たいがための行動だ。プーチン

 

 

は幅広い対IS作戦を呼びかけていたが

 

どこまで彼らの腹のうちをみやぶれていたか?或は

とっくにわかっていたのかもしれない。IS征伐と見せ

かけて、実際にはシリヤとロシアをおい払うことをた

 

くらんでいるのだ。その間、ロシアにまた嫌がらせの

 

意味でマケドニアのNATO参画を発表。1991年

 

次、ワルシャワ条約機構を終焉させるから、NATOも

終焉して欲しいとロシアから申し入れ、約束したので

 

はなかったか?

 

米・EUは明確に約束を破っているのではないか?

 

ロシアが対ISで懸命に空爆を続けているときにマケドニア(いってみればおなじ スラブ圏の国)をNATOに引き入れるというフェイントはロシアにとっては不興だ。

今日(九日)RTではメドヴェ―ジェフ首相が「我々は力に対して力では応じない。」と冷静に対処していたのが印象的だが、

今の欧米の出方、とりわけ英・仏・・米はロシアを挑発しているのと同じ行動をとっている。まさに第三次大戦の瀬戸際だ。

どこまでロシアがこれを我慢するかにかかっている。

はっきり言ってアメリカはどこまでも薄汚く、姦計に富んだ

国だ。

いまから思えばフォルクスワーゲン事件はその前哨戦と言える。

 

ドイツのロシアへの傾斜を戒めたととるのが順当だ。

 

すべてが計算された作戦だ。

 

 

ノーベル賞受賞経済学者のジョー・ス

 

ティグリッツは新著 『アメリカ経済の

ルールを書き換える』の中で 「過去35年

間、我々は労働者の力を弱体化させ、金

 

融部門の力を強化させる方向で、ルール

 

を書き換えてきた。力の均衡が、間違っ

 

た方向に変えられて

 

 

きた。」という慙愧きわまる印象を述べている。

 

 

205948  スホイ

Read More » アメリカの貪欲な覇権主義はシリヤまで呑み尽そうとしている はコメントを受け付けていません。