5月 9, 2014

Posted by:

Category: その他

Tags:

ウクライナ問題ーロシアに対する制裁は実効性があるか(3)

«РИА Новости».

 

Причина разногласий тривиальна – Киев, который не платит за поставки топлива из России уже 3 месяца (февраль, март и апрель), требует снижения цены до прошлогоднего уровня (с $485 до $265 за 1 тыс. кубометров) и грозит обращением в Стокгольмский арбитраж. Россия настаивает на выплате долга за уже совершенные поставки и оплате по текущим поставкам. В противном случае, как прописано в контракте между «Газпромом» и «Нафтогазом Украины», для украинских потребителей будет введена предоплата, что в условиях нынешнего
итайте далее: http://izvestia.ru/news/570216#ixzz30kp7SNjY  参考資料
ロシアはウクライナが6月末までに天然ガスの代金を支払わない場合は供給差し止めを言及。
ウクライナ側は二月、三月、四月分が未納でなおかつ、千立方メートルあたり485ドル-から、昨年の千立方メートル当たり265ドルにして値段を下げて欲しいと要求。ロシア側は6月末までに未払い分を支払わなければ、供給しないと厳命。この反応を受けてG7のエネルギー担当官らはエネルギーをロシア一辺倒にしないこと、また政治の駆け引きの材料にすべきでない事で意見を一致させたようである。
Ёлкин на Полит.ру
(ヨールキン氏のPOLIT. ru掲載の風刺漫画)プーチンの新しい平和伝達パイプの発見
http://www.polit.ru/
この風刺漫画はことの本質をよくとらえている。さすがは老練な漫画家ヨールキン氏の
手になるものだ。天然ガスのパイプのバルブの締め具合によってウクライナ、EUに供給できるエネルギー
権限はロシア、すなわちプーチン氏が一手に握っているのだ。要は平和の匙加減もプーチン氏の匙加減一つできまるだろうということだ。それ程米も経済力を失い、またEUも実際ジョージ・ソロス氏の分析によればあと一年持つかどうか、経済的には破滅の道へまっしぐらということらしい。(彼は来年、ロンドンから、EUの悲劇とかいう本を刊行予定。)EUで一人勝ちするのはドイツのみだ。
7日、ホワイト・ハウスはロシアからの輸入品にかける関税の優遇制度を撤廃する旨をオバマ氏が議会に提出することになったそうである。ロシアは十分に経済発展をしている国なのだから、インドのように優遇する必要なしという見解らしい。この予定措置に対して、辣腕家のプーチン氏は来る5月11日の連邦制を取る独立共同体としてスラビャンカ、ドネ-ツクの住民投票の実施を駆け引きの材料としていたが、急にこの予定行動を押すトーンがダウンしたようである。しかし8日付のイズベスチア紙 http://izvestia.ru/rubric/17 によれば、住民達の決意は固く11日の住民投票をやるという結論にたっしているようだ

Read More » ウクライナ問題ーロシアに対する制裁は実効性があるか(3) はコメントを受け付けていません。