7月 30, 2013

Posted by:

Category: 文化・社会

Tags:

ロシア正教の大主教は同一性婚を認めることはこの世の終末を意味すると公言 http://rt.com/news/church-same-sex-unions-404/#.UffM3zsK3Js.twitter

Patriarch of Moscow and All Russia Kirill.(RIA Novosti / Sergey Pyatakov)

Read More » ロシア正教の大主教は同一性婚を認めることはこの世の終末を意味すると公言 http://rt.com/news/church-same-sex-unions-404/#.UffM3zsK3Js.twitter はコメントを受け付けていません。

7月 30, 2013

Posted by:

Category: その他

Tags:

北方領土問題は拙速は避け、双方納得いくまでじっくり討議せよ

Курилы остров океан панорама природа

PHOTO RIA NOVOCTI

[ ロシアは、クリル列島4島の帰属問題解決のため、ロシアの法律を基盤に南クリルを共同開発する事を日本に提案した。共同通信が28日、外交筋の情報として伝えた。

   それによれば、ロシアの管轄下にある島々の共同開発という考え方は、6月20日にサンクトぺテルブルグで行われた松山政司(マサジ)外務副大臣とイーゴリ・モルグノフ外務次官の会談で、モルグノフ次官により示されたもの。

   共同通信が伝えるところでは、日本は、ロシア側の提案は4島に対するロシアの主権を認める事を意味するため、その受け入れを斥け、ロシア側に対し提案の見直しを求めた。] 以上がロシアの声欄に載ったロシア側の提案であるが、これでは一島も返還せずノロシア側の回答であり、もとよりロシア側も日本がすんなり呑むとは思っていないだろう。

 領土問題は慎重に双方納得がいくまでやったほうがいい。あせる必要は全くないのだ。エネルギー問題はシェールガスの劇的生産量の増大により、またイランの石油制裁が解除されれば、原油価格は一挙に下がるだろうから、いずれにせよ日本はあせることは全くない。それよりも双方筋の通った論理的解決法とあくまでその解決に伴う将来にわたる友好を忘れないことだ。

 

 

 

Read More » 北方領土問題は拙速は避け、双方納得いくまでじっくり討議せよ はコメントを受け付けていません。