公開フォーラム「原発事故による被曝をどう考え、どう避けるかー3.11後日本社会に何が起きているかー」

公開フォーラム

「原発事故による被曝をどう考え、どう避けるかー3.11後日本社会に何が起きているかー」

2011年の3.11の大惨事より早2年以上経過しましたが、事故処理は遅々としており

未だにあの原発事故の責任の所在も問われぬままに政府、東電、マスコミは事の真実を

国民に伝達する義務を怠っています。外国メディアの報道によると福島原発事故は

チェルノブイル事故よりはるかに超えた大事故として深刻に伝えられています。チェルノブイルからの

知見によれば、事故後3~5年経過で放射性放出物による影響が人体にも様々な徴候

としてあらわれています

われわれ国民は政府からなんらきちんとした事故報告を受けずとも、外国からの報道に

より、人体への被曝の事実を看過し、否定することはできない状況です。今現在福島で

生活せざるをえない子どもにもすでに甲状腺異常やのう胞がみられ、一刻も放置して

おくことができません。われわれはこの緊急な事態をどう理解し、どうこの不幸な事実

を受け入れ、出来るだけ人体への影響を避け、どのようにこれから身構え、処していく

ていくべきかを岡山医師が誰にでもわかりやすく、懇切丁寧にお話してくれます。

岡山医師のツイターの記事をここに掲載します。是非一読しておいてください。

https://twitter.com/giovannni78 

講師: 岡山博氏 東北大教授、日赤臨床医

略歴 

1973年  東北大学医学部卒業

1977-1998 東北大学第一内科 呼吸器、循環器研究

1988-1901 アメリカ NIH (国立衛生研究所) 遺伝子研究

1998-現在 仙台赤十字病院第2呼吸器内科部長  東北大学臨床教授

専門:呼吸器内科(慢性気管支炎、喘息、肺気腫、肺結核等)

日時: 6月11日 (火曜日)PM 14:00より15:30まで

司 会 :駒澤大学教授 当協会会員 杉山秀子氏

場  所 : (一社)国際善隣協会 5階 会議室 

       港区新橋1-5-5 tel:03-3573-3051

JR新橋駅銀座口から3分、東京メトロ銀座線新橋駅1番出口から1分、外堀通りの野村證券三井住友銀行小路左折、突たりの魚料理「さかなのまんまがある

国際善隣会館ビルのF         http://www.kokusaizenrin.com 「交通」図参照  協会員以外のご参加、出来るだけ事前 氏名、所属、(メールアドレス)、等のご連絡をおいいたします。参加費;会員学生無料。その他500円のみ  (出席通知は、多少不確定でもお送り下さい)   【宛先】メール:fukutomi@kokusaizenrin.com 事務局:福冨 TEL:03-3573-3051 

6月 4, 2013

Posted by:

Category: イベント案内

Tags:

Comments

No Comments

Leave a reply