中国牽制のため、海上自衛隊とロシア海軍との協力合意の取り付け

 

 

   安倍晋三首相が28日からのロシア訪問時のプーチン大統領との首脳会談で、北極海での海上自衛隊とロシア海軍による 共同捜索・救難活動の実施など海洋安全保障分野での協力で合意することが24日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。 地球温暖化による海氷減少により北極海航路の開発が進む中、ロシアは中国の北極海進出に神経をとがらせており、 日露間の協力を強化することで中国を牽制(けんせい)する狙いがある。 日本側には、北方領土交渉でのロシア側の軟化を促す思惑もある。 http://www.watch2chan.com/archives/27165920.html

 

北極海航路はかねてよりロシアの計画してきた航路で、この航路が開通されれば経済性は抜群によく、ロシアとしても安全保障上も格段に都合よしと踏んでいたが、最近中国もこの航路進出を模索していることから、ロシアとしは心中穏やかならざるものがあった。

4月 26, 2013

Posted by:

Category: その他

Tags:

Comments

No Comments

Leave a reply