中国の食糧援助と北朝鮮金日成生誕100周年

最近の北朝鮮は何事もお騒がせで隣国の日本も辟易とする

ことが多い。つい最近22日のニュースでは金日成生誕100

周年に合わせて4月14日に宇宙に向けて人口衛星(?)を打ち上げ

るという。

日本の防衛省では米と緊密な連携をとりながら迎撃用のミサ

イルの配備・点検をし、かなり神経をとがらしている模様。

イズべスチア・ニュ-スによれば、北のこの動きがかえって日

本の2013年に向けての迎撃ミサイル網のさらなる設置を促進

させるだろうと予測させている。Япония готова сбить все,

что прилетит из Северной Кореи http://www.izvestia.ru/

news/519515

この動きと前後して中国は生誕祭に合わせて、北が要求して

きた食糧援助を粛々とおこなっているのだ。米、トウモロコ

シ等45万トンを貨車に積み出荷。中国は隣国の金日成生誕祭

は北にとってきわめて重要なことだと受けとめ、また北の安定

は自国にとっても欠くべからざることだという認識のもとに過

去20年間のなかでも最大規模の量を準備したという。北朝鮮側

にとっても作物は2年続きの不作で食糧は底をついている。アメ

リカとの交渉で濃縮ウラニウムをつくらないという約束の下に

食糧援助をとりつけたが、アメリカとの約束はいつも何かを

禁ずるからその見返りに援助するというオブリゲーション

つきで東洋人にとっては屈辱的だ。しかもその援助の額は限

定的で中国の援助の2分の1位にしかならない。いずれにして

も今の段階では中国は北の挙動を静かに注視していくよりほか

ないだろう。しかしそう遠くない時期に何らかの動きはでてく

ることは間違いない。

3月 24, 2012

Posted by:

Category: その他

Tags:

Comments

No Comments

Leave a reply