教育

語学教育

1 最近の語学教育をとりまく状況

ロシアの街並み

大学における語学教育では圧倒的に英語が大きな位置を占めている。次に位置するのが最近は中国語である。とりわけほとんどの大学で英語は第一外国語として位置づけられている。

明治以来日本では一貫して西洋語中心、英語中心でやられてきた。世界史を俯瞰すれば、英語が侵略者の言葉として世界に君臨し、圧倒的力で世界を支配してきた事実に思いあたるであろう。今や単なる記号化した言語として誰にでも門戸を開いた言葉であると、タカをくくるだけではすまされないのである。

もとより日本人は明治維新以来、西欧の進んだ技術に憧れ、迅速に取り込むことに夢中になりすぎてきた。とりわけ第二次世界大戦の敗戦後、英語に対する異常なまでのとりこみは驚異的で、ハーバード大のジョセフ・ナイ教授が言及しているアメリカの「ソフト・パワー」の勝利だけではないであろう。間接的大きな理由は日米協定に基づく、日本の経済力の復興に英語の力が大きな役割を果たしてきたし、またアメリカナイズされた文化に戦後の日本人が憧れ,それがとりもなおさず、米側の文化戦略でもあったという背景がある(アメリカ文化センタ―などはその顕著な一例)。

日本の英語受容の過程を振り返ると、ヨーロッパの諸国、とりわけフランスなどは英語やその他の外国語が無差別に自国に受容されることを極めて警戒している。これに比べると日本人は何と無防備で自国語を粗末に扱ってきたのかと慨嘆せざるを得ない。気がついてみたら日本人の周りは英語だらけというのが日常茶飯事だ。何とかカルチャー、アカデミック何とか、セクハラ、パワハラ、枚挙にいとまない。統計を取ったことがないのでわからないが、恐ろしいくらいの勢いで日本の日常的な言葉になりかわり、中立的な単なる記号以上の役割を演じている。

英語を知っているか、知っていないか、出来るか、出来ないかで大げさに言えば属する社会的階層の差さえ出来上がってきていると言っても過言ではない。英語を母語とする人やその習熟者は、そうでない人々に比較すれば相対的に賃金が高い場合や、国際的ビジネスや会社で有利な立場に立てると評価され、そのことが不平等や格差を助長している。

2 社会が要請する語学力とは

このような状況下で、ゆとり教育の恩恵の故か、学生の操る日本語もだいぶ怪しくなっており、日本語をきちんと使って物事をじっくり思考し、発話する能力が大いに退化しつつあるというのが現状だ。自国語も満足にできないで外国語学習とはいかがなものかと思うのは一人筆者のみではないであろう。文部科学省は国民全体に求められる英語力として英検何級とか具体的目標まで謳ったがきちんとした日本語も出来ないでそのようなことを設定しても無駄であろう。

まず自国語で自国の文化や、自国事情をきちんと世界に伝達できることのほうが真の国際人になるためには重要だ。自国の文化を尊重することが出来ない人は他の国の文化を尊重できるはずはないのだ。そしてこれに加えて、自国の文化を相対化し、他国の文化と比較し、より豊かな広い地平に立って複眼的な洞察力を培うことも21世紀の地球規模の時代にはもとめられている。それには英語のみの偏った語学教育だけでは十分ではない。日本語と英語以外の語学の修得を通して様々な出来事や現象を重層的に見られる能力を培うことも肝要だ。

ここのところ企業においても英語に関しては出来るのが当たり前で、出来なければ高校時代何をやってきたのかと問題になるくらい英語力は必須なもので当たり前になっている。今や海外勤務が花形の総合商社などはBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国)など新興国向けのビジネスが急拡大しているなかでは、「英語ができなくてどうするの?」という意識をもっており、「英語に加えてポルトガル語、ロシア語、中国語が堪能な人が来て欲しい。語学が出来るだけではなく、一ヶ月でもいいから実際に留学して欲しい。経済と文化を語れるようになって欲しい。」(「プレジデント」2008年10月号)という願望を就活者につきつけている。

因みに最近の企業の動きをみてみると、2010年8月12日付けの日経新聞は、日本電産が社員に外国語の習得を義務付けていることを報じている。2015年から課長代理以上の管理職への昇進には日本語以外の一ヶ国語、20年からは部長級への昇進に2ヶ国語の習得を条件とするそうである。同社は現在、世界28カ国・地域で事業を展開しており、地球規模の経済発展に対応した人材の育成を展開しようとしている。同社は課長代理以上は一ヶ国語、部長級は2ヶ国語の試験で一定の成績を上げることを求めているのだ。すでに社内で英会話講座を実施しているほか、その他の外国語講座も順次支援していく方針であるという。さらにこれらの制度の義務化の二年前から外国語の修得者を優先的に昇進させる計画であるという。但し楽天やユニクロが社内公用言語を英語と取り決めたのとは違い、あくまで社内の公用語を英語にする考えはないそうであるが、英語検定試験TOEICを全社員に受けさせる予定で社員の語学習得の意識を向上を促すという。欧米、アジアなどに製造、営業拠点をもち、今後さらに拡大の予定で、あらゆる部門の人材を日本から送り込んでいる実績があり、すでに新卒、中途採用者では外国語の会話力を重視しているのだそうだ。

世界企業のソニーは以前日米欧とその他で四分の一ずつ売り上げてきたが、ここへきてBRICSを含むその他の比重が3割以上に急拡大し、その地域のマーケット要員を増やしたいという意向だ。BRICS地域の言語を第二外国語で学んでいるとか、文化を勉強している、体も丈夫で現地に行ってもへこたれない人の採用が増えていると仄聞する。要するに外国語で伝達できる能力をもち、自分のルーツをきちんともち、自国文化を語ることが出来、ビジネス慣習にも通じた人材が欲しいというのが企業の本音なのだ。あれもこれもと望む企業の手前勝手が見え見えであるが、超氷河時代の就職戦線に目を転ずれば、これらの具体的な要望にも注意を向けざるを得ないであろうし、また地球規模で活躍するビジネスマンを育成する上で極めて基本的ことがらであることも念頭においておく必要があるであろう。

3 最近の大学生の語学習得における学習意欲の低さ

最近の学生の語学習得の意欲となるとかなり低いというのが偽らざる現実である。ところがアンケート調査をすると、たとえば、ロシア語選択の動機についてはロシアに行ってみたいからという項目にマル付けをする学生は一クラスで60パーセントあり、またロシア人が好きが20パーセント、次にロシアの芸術に憧れてが20パーセントの比率になっている。多くの日本人が内向きになっている咋今、外国に興味を持ちそのことを選択理由の一つにしたことは積極性がありと大いに買うべきであろう。しかし実際には学生の動機はかなり軽いもので、ロシアに行って何でもみてみたいが、わずらわしい語学学習はごめんだというのが本音のようだ。この意欲の低さは次に掲げる英語に対する自信のなさと語学学習を避けたい気持ちとに一脈通ずるところがあるようだ。次にその点をみていきたい。

4英語に対する自信のなさ

英語に対する自己評価のアンケート結果
よくできる 5%
普通 30%
苦手ないし全くダメ 60%
その他無回答(白紙) 5%

この結果から類推するに一クラス実に約6割の学生が高校時代の英語学習に苦手意識を持っていたらしく、楽しくない語学学習を強いられてきた不幸な経験をもっているようである。実際に教えていて気づくのは、何人かの初級クラスの学生が発音の練習時に、口は全く動かさずに音声をカタカナで懸命に書いている姿だ。会話の練習時じっと伏目になり、下をみつめたまま蚊のなくような声で途切れ途切れに反応するか、貧相な姿勢のまま、全く押し黙る学生もいる。多分気の毒なことに高校時代にそのような語学教育を受けてきてしまったのであろう。習慣とはおそろしいものだ。

ある中国人で英語教室を中国で経営し爆発的な人気を博している人物が、日本の英語環境を評して「中国より恵まれている。優れた教材が多く、いい教師もたくさんいる。英語を話す外国人も多い。ただ教え方には疑問もある。」(2010年8月27日朝日新聞)と言い、さらに日本の若者を評し「以前日本で講演したことがある。日本の若者はおとなしく、余り話ししたがらない印象をもった。」と感想をのべている。この中国人の言うように日本の若者はたしかにおとなしく、それに比して中国では「いい仕事につくため、世界で活躍するために学ぶ。外国人と対等に英語で話すことが目的ですから、会話に重要な発音練習に力を入れるのは自然なことです。」と全く対照的な若者の熱意を伝えている。この中国人が語った若者の意欲的な、漲るようなエネルギーをもっと日本人の若者も見習う必要があるだろう。

わかりやすくほんの一、二の具体例を挙げておこう。

例えば、中学、高校の英語の授業でBとVの違いをみっちり教え込まれていれば、ロシア語のБと Вの区別は簡単に出来る。

英語 BASE-VASE ロシア語 БАЗА- ВАЗА

また英語のRとLの発音の区別は音声としては若干異なるが、ロシア語のРとЛの区別を学ぶ場合には参考になり、それらの識別をより一層鮮明に理解できる。

英語 ROSA-LOSA ロシア語РОЗА-ЛОЗА

さらに驚くことは教員が発話したことは全部日本語に訳してくれ、教科書にある例文はすべて日本語に訳してくれと要求されることもあり、やりきれなくなることがある。こうしてみてくると、学ぶ意欲の違いや、中・高校時代にどのような語学教育を受けてきたかということでだいぶ大学に入ってからの学生の語学学習のありかたも違ってくるようだ。極論だが、いっそのこと中・高校時代におかしな英語教育をされるくらいなら、何もやらずに白紙で来てもらったほうが新しい語学を導入する場合には効率がいいとさえいえる。あるいは入学試験における英語の配点を上げてもらうことだ。しかし現状はこの両者のどちらも実現性はないようであるから、教員はいかに学生に面白く興味を持ってもらうか、日夜奮闘するのみである。


Познакомитесь с русским языком ! 
ロシア語紹介

スラブ語の中で一番知られているロシア語とは?

ロシア語はインド・ヨーロッパ語の中の東スラブ語に属しています。ポーランド語、チェコ語、ブルガリア語、スロバキア語、セルビア語、クロアチア語、などは姉妹語にあたります諸君がこれから学ぶロシア語とはモスクワを中心とした現代標準語を意味します。

ロシア語を話す人々の多様性と数の多さは意外と知られていません。

ロシア語は現在、ロシア連邦(人口1億4,275 万人―2006 年1月の統計、面積はアメリカの約2倍、日本の45倍にあたる)と旧ソ連時代の多数の共和国を含む約3億4千万人のユーラシアの人々の共通語として広く使用
されています。

広大な面積と多様な民族

ロシアの概要(ロシア連邦大使館ホームページより)

主要都市(Москва モスクワ)
サンクトペテルブルグ、ノヴォシビルスク、エカテリンブルグ、ニジュノヴゴロド、アムスク、カザン、チエリャピンスク など
主要民族
ロシア人、タタール人、ウクライナ人、パシキール人、チュバシ人など
国土
ロシアの国土は東西約9,000km 、南北最大幅約4,000km にわたり、北は北極海、南は中国、モンゴルなどアジアの国に接しています。南北2,000kmに延びるウラル山脈を境に、西側には広大な東ヨーロッパ平原が広がり、東側にはエニセイ川にかけて続く低地、シベリアの高原や山地が広がります。国土の中でもシベリアは非常に広大で、ロシア連邦の面積の約3/4を占めています。
気候
一般に寒冷で、寒暖の差が大きい大陸性の気候が特徴。気温差は、夏と冬で30 ~75 ℃に及びます。シベリアでは厳冬期の平均気温が-20 ~35 ℃、シベリア東部の内陸部では最低気温が-50 ℃に達することもありますが、ヨーロッパ・ロシアは比較的温和な気候です。
時差
広大なロシア連邦には、11の時間帯あり、国内でも西のカリーニングラード州と東のカムチャツカ州では、10 時間の時差があります。日本とモスクワ時間との時差は-6時間。ただし、3月の最終日曜から10 月の最終日曜まではサマータイムが適用されるため、-5時間となります。
通貨
ルーブル

めずらしいロシア語の文字はどこから来たのか?

かつて19 世紀のロシア文学者であるツルゲーネフが指摘しているようにロシア語には独特の力強さとメリハリがあり、またリズミカルな響きもあります。は一切不要で、文字通りに読めばよいのですから簡単です。文字は全部で33 文字あり、ラテン文字、ギリシャ文字から来た独特なものです。日本語のて・に・を・はにあたる部分をロシア語は語尾変化によって表し、全体の文法体系はきわめて理路整然としています。に面倒な冠詞、不定冠詞もなく、また時制の区別もはるかに簡単です。

インターネットを活用してロシア語の文字を覚えよう!

multi kulti

大学で行われる授業だけでは、特に語学の場合、十分ではありません。
ら、時間を見つけて、ロシア語の学習を深めるため、インターネットをうまく利用するのも選択肢のひとつです。

いわゆる旧ソ連の社会主義時代、教育、文化の地味な分野に力が注がれていました。その伝統の名残か、現在のロシアでも、インターネットを介し様々な、驚くほど豊富で、役立つ情報に出会えます。左の画像は一例ですが、ロシア語の基礎学習で重要な発音練習などがゲーム感覚で行えるようになっています。

PCルームでのロシア語の授業では、リアルタイムでロシアのニュースなど、実践的に紹介します。

http://www.multikulti.ru/

アルファベット比較

アルファベット比較

ギリシャ文字は、音標文字であり、フェニキアの子音文字から紀元前9―8世紀に生まれ、今も用いられている。左から右に読まれる。文字体系の基礎をなしている。

資源大国ロシア 空前の石油ブームにわくロシア

広大なロシアの国の石油生産量はサウジアラビアと1、2をあらそうようになりました。この石油資源を武器に今や、空前の勢いでインフラ整備や工場再編、建設をはかっています。周知のように、石油産油国から輸入国になった中国もロシアから石油を輸入しています。また西シベリアには大量の天然ガスが埋蔵されており、国際的にも注目されています。

2004年にはトヨタがサンクト・ペテルブルグに工場を建設し、ホンダ、味の素など大企業が軒並みロシアに進出しています。すでにアメリカ、日本が参画しているサハリンの石油合弁企業のプロジェクトⅠが稼動しており、日本に一部石油が供給されています。

資源大国ロシア
資源大国ロシア

パソコンを用いてロシアを読み解く

パソコンでロシア語

パソコンでロシア語

中ほどの画像モスクワのピノキオ? Пиноккио вМоскве(Калинка)を選択し、クリックすると動画(Видео)が観賞できる。
http://video.mail.ru/mail/dymanew/150/

一般的な検索エンジンとして、Google, Yahoo! 等があり、日本語や英語で利用されているが、多極的にロシア(Россия)に
関する多くの“情報、データ”(Информация, данные)を得るには、直接Windows OS(Операционная система)に考慮されている多言語機能を用い、ロシア語 (Русский язык)で直接行うのに勝るものはない。

一例としてシンプルなru を挙げる。 アドレス欄にURLhttp://www.gogo.ruを入れるだけでトップページが表示される。検索欄に、例えば、ロシア語 ( Русский язык) でポピュラーなロシア民謡の題名Калинка (カリンカ)とタイプし、欄上のВидео (ビデオ)ボタンを選択し、欄右のНайти (検索)をクリックすると、上のような画面が現れる。

Listen to カリンカを聴く
↑カリンカを聴く↑

ポピュラーなロシア民謡 Калинка (カリンカ)

Калинка(カリンカ)は Калина (カリーナ) の愛称で、研究社露和辞典によると、ガマズミ属の植物とある。http://www.gogo.ruの画面で今度はКалина(カリーナ)と 入れると、たくさんの写真が得られ、楽しくなる。

カリーナ

ロシアの人気漫画

駒澤大学におけるロシア語の歴史

駒澤大学におけるロシア語

30年前に設立された。駒大の5ヶ国語中最も遅く設立された語学
構成:専任1名、非常勤講師6名

↑ページ上へ戻る